欲望の容器

日々のニュースや雑記を書いています。

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
【9月24日 AFP】オランダ人の男の子Kasper Veldhuijzenくん(9)が先週、東部エーフデ(Eefde)の森の中でお父さんと一緒に見つけた、お化けキノコ。このキノコは、ホコリタケ科シバフダンゴタケ属のBovista giganteaで、カサの直径が60センチある。(c)AFP

----------------------------------

巨大な脳のようだ。

| 13:52 | - | comments(0) | - |
【9月18日 AFP】オーストラリア・メルボルン(Melbourne)のパブ「セイント・ホテル(Saint Hotel)」が、女性向けの無料ドリンクサービスを始めたところ、非難の集中砲火を浴びている。無料サービスの条件が「下着を脱いでみせる」ことだからだ。

 セイント・ホテルが娯楽誌に掲載した広告によると、「ブラジャーか下着をバーテンダーにチラッと見せた女性には、シャンパン1杯を無料サービス」となる。さらに、「下着を脱いでバーカウンター上の手すりにかけた女性には、ドリンク50ドル(約4200円)分が無料に」とある。

 ちなみに広告には、「ノーパン」で車から降りる米国の歌手ブリトニー・ スピアーズ(Britney Spears)の姿をとらえた、パパラッチのゴシップ写真が使用されている。

 しかし、ビクトリア(Victoria)州政府のロブ・ハルズ(Rob Hulls)首相代理が「2008年にもなって、このような旧態依然としたやり方で、客を集めるのはいかがなものか」と疑問を呈するなど、政治家やホテル業界からは、セイント・ホテルのサービスは女性差別かつ不適切な行為だと、非難の声があがっている。

 このパブは6月にも、小人症の男性バーテンダーが上半身裸で客の口に酒を注ぎ込むというサービスで物議を醸している。(c)AFP

----------------------------------------------

いいサービスだ。

| 16:16 | - | comments(0) | - |
【9月15日 AFP】7月にベルリン(Berlin)にオープンしたマダム・タッソーろう人形館(Madame Tussauds Wax Museum)で、オープン直後に頭部をもぎ取られたナチス・ドイツ総統アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)のろう人形が修復を終え、13日から再展示された。

 このろう人形は7月5日のろう人形館オープン直後、元警官というベルリン在住の男(41)によって頭部を破損され、修復期間中は撤去されていた。男は逮捕され、その後、器物損壊罪と警備員に対する傷害罪で起訴されている。後のインタビューで、「友人と話しているうちにその気になり、思い立って実行したが、後悔している」と語っている。

 ヒトラー人形は以前、柵などを設けずに展示されていたが、今回は展示コーナーがガラス板で仕切られている。ろう人形館はその理由を、「来場者と職員の安全保証のため」と説明している。

 このろう人形館は、1945年4月にヒトラーが自殺した場所から目と鼻の先にある。こうした場所にヒトラーのろう人形を展示するのは悪趣味であり、話題作りを狙っているだけと、ろう人形館はオープン当初から非難されていた。

 今回の再展示に当たり、ろう人形館側は「過激派の意見に影響を受けなかったことを誇りに思う。当初から言っていたように、ヒトラーはドイツ史の重要な1ページを代表する人物。よって、この展示は道理にかなっている」というコメントを出している。(c)AFP

------------------------------------

いい表情だ。

| 15:26 | - | comments(0) | - |
【9月7日 AFP】フランス北部ディエップ(Dieppe)で6日、第15回国際たこ揚げ大会(International Kite Festival)が始まった。38か国から集結したスポーツカイトやアクロバットカイト、風変わりなたこなどが、集まった人たちを楽しませている。大会は14日まで。(c)AFP

-------------------------------------------------------
蛸の凧は日本人作成なのだろうか?

| 15:16 | - | comments(0) | - |
【8月29日 AFP】上下が逆さまになった住宅が、ドイツ北東部のウーゼドム島(Usedom Island)Trassenheidで建設されている。9月4日から一般公開される。(c)AFP

----------------------------------------------------------

完成後に、普通の状態にひっくり返してそのまま生活できるか試したら面白いだろうな。
| 13:42 | - | comments(0) | - |
<new | top | old>